2017年07月20日

宵祭り

img004a.jpg

梅雨も明けて毎日厳しい暑さが続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。私は目の前に広がる海に入ると気持ちいいだろうなと思いながら海を眺めております。お身体に十分お気を付け下さいませ。

さて、時折お問い合わせを頂いておりました「宵まつり」のパンフレットが完成致しましたのでお知らせいたします!今年もかっこいいパンフレットに仕上がっております。

日程は以下のとおりです。

*日時 : 平成29年10月28日(土)
      午後5時~9時 (雨天決行)
*場所 : 大御神社特設舞台
*プログラム
  5:00~ 神事(社殿にて)
  5:30~ 降神の儀(舞台にて)
      宮司・総代会長挨拶
       朝日舞
      神楽7番(大峡神楽保存会)
       鎮守の舞
       弊の手舞
       三番荒神舞
       矢の舞
       弓の舞
       志那都比古の神舞
       酒解の神舞
  7:00~ 巫女舞(大御神社神前巫女舞の会)
       豊栄の舞
       悠久の舞
       浦安の舞
      餅まき(晴厄1回目)
  7:30~ 獅子舞(大御神社天翔獅子保存会)
  8:30~ 神楽4番
       天の太玉の神舞
       天の宇受売の神舞
       天の手力男の神舞
       天の戸隠しの神舞
      餅まき(晴厄2回目)
      昇神の儀
      総代会長挨拶
      おみくじ最終当選発表
  9:30~ 終了(予定)

翌日29日(日)は御神幸祭がございます。
厄年会の方が担いだ御神輿が氏子地域15キロを朝9時から16時まで練り歩き、途中10カ所の御旅所では小中学生による神楽(幣の手舞)、巫女舞(豊栄の舞)が奉納されます。
そして18時からは境内の特設舞台にて古澤巌さんのヴァイオリンコンサートが開催されます。コンサートのパンフレットが出来ましたらブログにて再度お知らせ致しますのでお待ち下さい。

なお、宵まつり当日は駐車場が限られておりますので近くにお住まいの方は徒歩あるいは自転車、タクシー等でお越し下さいませ。
神社周辺の道路端は全て駐車禁止となっております。神社から少しだけ距離がございますが、伊勢ヶ浜海水浴場の東側にある駐車場は駐車できる台数に余裕がございますので、どうぞそちらをご利用下さいませ。


もし何か不明な点やお知りになりたいことが御座いましたら
大御神社までお問い合わせ下さいませ
【電話】(0982)52-3406
【メール】info@oomijinja.jp

2017年06月30日

夏が来ますね

大雨と晴れの日が交互に来て、とても蒸す日が続いております。皆様いかがお過ごしでしょうか?

空梅雨とおもいきやここの所雷を伴う激しい雨が降ったり横なぶりの風が吹いたりとなかなかお天気が落ち着きませんが、そんな中一足先に大御神社では、季節の移ろいを感じる蝉の羽化と出会いました。
私が大御神社正門を掃除していた所、足下で今し方羽化したばかりのクマゼミが抜け殻の側でゆっくりと動いていました。


IMG_0795.JPG


アブラゼミは夏になるとよく木の枝にしがみついているのを見かける真っ黒なセミですが、羽化したてのクマゼミは色白で薄緑の羽をしていてとても神秘的に見えますね。
そのまま門の下に居ては踏まれてしまうと狛犬の側の木にそっと移してやるとゆっくりと木をのぼって行きました。


IMG_0793.JPG

毎年境内内に沢山セミの抜け殻が見つかりますが、今年もしばらくしたら大御神社にも沢山のセミの声が聞こえてきそうです。
これからどんどんと夏日が増えて暑くなってまいります、皆様どうぞお体にはお気を付け下さいませ。

巫女:N

2017年06月15日

綺麗な紫陽花

暑さが日ごとに増してまいりましたが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
今年も早いもので、半分が過ぎようとしています。
ようやく梅雨入りをして、くもり空の日が多くなったように感じます。
ジメジメして蒸し暑い日がこれから増えそうですね。
この季節が苦手という人も多いと思います。
せっかくのお休みなのに雨が降っていてお出かけが出来ないといった人も
いるでしょう。
しかし、考え方を変えて、この時期を楽しんでみるのも良いかもしれません。
たとえば『紫陽花』です。
最近、紫陽花が綺麗に咲いているのをよく見かけるようになりました。
神社の紫陽花もこのように綺麗に咲きました。

IMG_0786.JPG IMG_0785.JPG
IMG_0788.JPGIMG_0790.JPG

晴れているときに見る紫陽花も良いですが、雨に濡れている紫陽花も花色が
より一層鮮やかに見えますよね。
彩り豊かな紫陽花をゆっくり見てみるのもたまには良いかもしれませんね。
また『雨音』を楽しんでみるのはどうでしょうか。
じっくりと聞いてみると窓や屋根などに当たる音が聞こえてきます。
その音も心地よくリラックス出来るかもしれません。
そして何と言っても雨上がりに架かる『虹』はとても綺麗ですよね。
雨上がりに空を見上げるのが楽しみになってきますね。
雨が多くなってくると参拝者の方達が様々な色や形の傘を差しているのを
目にします。
雨で暗い空の下で色とりどりの傘が境内に広がっているのがとても
綺麗です。
子ども達が少し大きめの傘を一生懸命持つ姿が何ともかわいらしいです。
雨が続くと憂鬱な気持ちになりがちですが、この梅雨を楽しみ、気分を
上げて過ごしたいものですね。
昼間はぐっと気温が上がる日が増えましたので、お体には十分お気を付けて
お過ごし下さい。

巫女  T

2017年05月25日

『狛犬』

 皆様こんにちは。
だんだんと蒸し暑さが増しているように感じるこの頃、皆様はいかがお過ごしでしょうか?

 さて、先日の御守り授与所での出来事でございます。
参拝でお越しの方がこう仰いました。
「ここの狛犬は普通ではないですよね?!」
私は頭の中に『???』しか浮かばず、咄嗟に「そうですかねぇ・・・?」としかお返しできませんでした。
なにせ幼少の頃よりずーっと目にしている、見慣れたこのお尻を上げた狛犬たち・・・、この狛犬が私にとっての“普通”だったのです。

 でもよくよく考えてみると、テレビなどで見かける狛犬はどれもちょこんとお座りをしていたような・・・!!
きっとその方にとって、“普通”の見慣れた狛犬はお座りをしている狛犬だったのでしょう。
なるほど、育った地域によって文化や習慣が異なるようなものなのか、と妙に納得した出来事でした。

 また、その方はこうも仰いました。
「僕はこの形の狛犬がどうも苦手でして・・・。だって今にも飛びかかってきそうでしょう?!」
・・・あぁ!確かに言われてみれば・・・!!(笑)
「でもこの形は“尻上がり”で縁起が良いらしいですね。」
ほうほう、なるほど・・・!!

 毎日のように目にしていますが、そのような見方をしたことがなかった私はとても衝撃を受けました。
そして、今更狛犬に興味を持った私は早速パソコンのインターネットで調べます。
欲しい情報がすぐに検索出来る、現代は何とも便利な世の中になったものです。

 さて調べてみますと、なにやら衝撃的な事実を知らされます。
皆様はご存じだったでしょうか?
普段当たり前に『狛犬』と呼んでおりますが、実は左右別の生物だったようです!
ネットで調べる事が出来た情報を簡単にまとめてみます。

・神社に奉納、設置された空想上の守護獣像
・本来は「獅子・狛犬」といい、向かって右側が口を開いた角なしの「阿像」で獅子、左側が口を閉じた角ありの「吽像」で狛犬
・獅子・狛犬はもともと別の生き物(空想上の霊獣)
・現在ではこの左右別の形状という形式を残したもののほうが少なく、形としては阿吽共に獅子に近いものが多い
・呼び方は「獅子・狛犬」の獅子が消えて単に「狛犬」に定着

全く知りませんでした・・・。

その歴史も想像していたより遥か大昔の古いもののようでございます。
また、中国に限らずインドやヨーロッパなど、様々な国から伝わってきたようです。
そして面白いことに、この狛犬、獅子・狛犬に限らず、様々な動物がいるみたいです。

鼠・牛・虎・兎・龍・蛇・馬・羊・猿・鳥(雉・鷲・鷹・鳩・烏など)・犬(狼・山犬)・猪・鹿・河童・蛙・鯉・亀・猫・象・鯰・ライオン(獅子?) 等々・・・

途中、十二支だー!!と興奮してしまいました(笑)

そして確かにネットで出てくる狛犬の画像は、ほとんどちょこんとお座りをしているものが多かったです。
しかし残念ながら、狛犬の形(体勢?)については詳しく書かれているものを見付けられませんでした・・・。

きっと現宮司さんをはじめ、歴代の大御神社の宮司さん達はとても元気の良い方々が多かったようなので、当社の狛犬も元気の良いこの格好になったのではないか・・・。
そう考え始めた私でした。(笑)

 皆様も神社にお参りの際には、狛犬の違いを見比べてみるのも面白そうですね。
そして大御神社にお越しの際には、ぜひこの元気な狛犬達もあわせてご覧下さいませ。

仕女:S

2017年05月20日

御朱印ブーム

初夏が訪れ少しずつ夏の暑さがでてまいりました。早くも今年になってもうすぐ半年が経とうとしております。
毎日が終わるのがあっという間で、一日一日を大事に、有意義に過ごさなければならないと実感致しました。

賑わっていたゴールデンウィークも終わりましたが、皆様はいかが過ごされましたか。
当社には県内外からたくさんのお客様がご参拝に来られました。

以前より御朱印ブームという言葉を耳にするとおり、ゴールデンウィーク中は特に御朱印を集められている方が多くいらっしゃいました。お守り所で御朱印をお預かりして記帳するページを開く時に、様々な神社の御朱印が目に入ります。

神社によって書き方やデザインが異なり、絵が入っている所や特別な日にだけ文字の色が違う所など様々です。私自身は集めていないのですが、記帳の際に皆様の御朱印を拝見するのが楽しみで、よく巫女同士で好きな御朱印の神社の話をしております。

私もどなたが見ても良いと言ってもらえるような、そして印象的な字を書けるようにもっと練習をして上手くなりたいと思います。

巫女:M

アーカイブ