2018年12月10日

お正月の道路規制と駐車場について

今年は12月とは思えないほど気温が暖かい日が続いておりましたが、ここ数日で一気に気温が下がり、すっかり冬らしくなりましたね。

さて、今回はお正月の駐車場等についてのご案内をさせていただきます。
例年正月には多くの初詣参拝者にお越しいただき、周辺道路が大変混雑しております。
周辺地域の安全と周辺道路の車の往来が円滑になるよう、周辺住民以外の車両の通行を規制する事になりましたので、ご理解ご協力を賜りますようにお願い申し上げます。
実施日時や規制箇所につきましては下記ファイルの地図をご確認下さい。
※17時以降は規制が解除されておりますので、鳥居前までお車でお越しになれます。 
                        
ダウンロードしたファイル


神社正面の鳥居の前はお正月の三が日は完全に封鎖されますので、大御神社の駐車場はご利用になれません。
近隣の道路端にお停めになりますと、近隣住民の方々に大変なご迷惑をお掛け致しますので禁止されております。
そこで、駐車場を御用意致しておりますので、そちらをご利用いただきますようご連絡致します。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
①お倉が浜運動公園サンドーム前大駐車場(約400台収容可能)
②伊勢ヶ浜海水浴場東側駐車場(約100台弱収容可能)
③(有)シュウワ様広場(約200台収容可能)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


伊勢ヶ浜海水浴場の駐車場は数に限りがございますのでご注意下さいませ。
(有)シュウワ様の広場につきましては、神社正面が通行止めとなりますので櫛の山団地方面からお越し下さいますようお願い致します。
神社まで100メートル程の距離ですので、歩いてお越しになれます。
お倉が浜運動公園のサンドーム前大駐車場につきましては、1月1日~3日の9時~17時のお時間に無料シャトルバスを運行致します。
サンドーム前から大御神社正面入り口前までバスで約5分と近く、待ち時間もほとんどなくご利用になれますので是非シャトルバスをご利用下さいませ。どうぞ宜しくお願い申し上げます。


今年も残りあと少しとなって参りました。
今年は冬季オリンピックも開催され、日本人選手の活躍も目立ち嬉しいニュースがある中、北海道や大阪の大地震や西日本豪雨など自然災害が続き、改めて災害への備えの大切さを考えさせられる1年となりました。
また、今年は大御神社がメディアに取り上げられる機会が多く、県内外から多くの方が参拝に来られました。
わたくしたちは皆様といろんなお話ができ、大変うれしく思っております。
これから寒い日が続きますが、お体には十分気をつけ、良い年をお迎えくださいませ。
平成31年が皆様にとって素晴らしい1年になりますようお祈り致します。


巫女:T

2018年11月29日

大御神社奉納四半的弓道大会

 皆様こんにちは。
大御神社の11月は、毎年のように七五三のお詣りで境内が華やかで賑やかでした。
今年はその七五三詣りの方々に加え、毎週…いや、毎日のようにお越しになる観光ツアーの方々で、特に土日の境内はまるでお正月を思わせるかのような人で溢れておりました。
 その11月もまもなく終わり、短かった秋が去って行くかのように日の入りがだんだんと早くなり、夜の長い冬が近付いて参りました。
朝晩と日中との寒暖差で体調を崩しやすくなりますので、皆様も体調管理には十分ご注意くださいませ。

 さて、先日の11月23日(金)は毎年恒例の大御神社奉納四半的弓道大会が境内にて行われました。

相変わらず格好良いですね~!!
さてさて、今年は『四半的』について調べてみました。

 四半的(しはんまと)とは、宮崎県日南市飫肥付近を中心に伝わる独自の弓術で、日南市無形民俗文化財に指定されています。
的までの距離が四間半(約8.2m)、矢の長さが四尺半(約1.36m)、的の大きさが四寸半(約13.6cm)ある事から「四半的」の名がついたようです。
元々は農閑期の娯楽として行なわれた農民武道で、400年以上の歴史をもつ伝統的な弓道です。

飫肥では娯楽として親しまれており、飫肥城跡や家に射場があるほか、人々(男女は問わない)が「練習」として公民館等に集まり、焼酎を飲みながら四半的に興じる習慣があり、人々のコミュニケーションツールとしても機能している。地元の松の露酒造からは「四半的」という銘柄の焼酎も出ている、との事ですが・・・さすが、いかにも宮崎人らしいですね!!(笑)

現在では宮崎県を中心に愛好者が広まっており、今回の大会にも熊本県や鹿児島県からお越しの方々もいらっしゃったようです。

歴史についての文献も見付けましたので載せておきます!

永禄10年(1567年)に伊東義祐が島津忠親がいる飫肥城を2万騎を率いて攻撃した。島津軍は援軍を送ってきたが、竹で作った半弓で武装した農民たちが島津軍を圧迫し、伊東軍が勝利した。この功績により、伊東義祐が農民に娯楽目的で弓を持つことを許可した。これが四半的の始まりと言われている。天正11年(1583年)の島津家の家老である上井覚兼の日記には「武将たちが酒盛りの余興として「四半」を行った」という記録があり、遅くともこの時期には飫肥近辺で広く行われていたことが分かる。国境防衛策と娯楽を兼ねて、伊東家家臣山田宗昌(匡得)が振興した物と伝わっている。
飫肥では下級武士を半農として住まわせており、日置流弓術も盛んであった。そのため、大人は大弓を射ており、幕末から明治時代にかけては四半的は子供達の正月遊びとして主に行われていたが、現在は大人の遊びとしても親しまれるようになっている。

・・・本当に歴史ある弓道なんですね~!!

ルールとしては
・畳に正座して、横向きに狙いを定めて巻き藁を射る。
・日本の弓術には珍しく、矢を摘む様に持つ「ピンチ式」という持ち方をする。
・「サイコー!」(「さあ、いこう!」の意)という掛け声を使う。
・得点を数える時に、「正」の代わりに「玉」の字を使う。
・的の大きさは普通は四寸半だが、練習時には二寸や一寸五分の的も使う。
…ですって。難しそうだけど、楽しそう!!
私は弓道などは全く分からないのですが、一度は経験してみたいですね!!

来年も皆様がお越しになるのをお待ち致しております♪

仕女:S

2018年11月09日

宵まつりを終えて、七五三のご案内

10月27日に当社の例大祭「宵まつり」が行われました。
昨年、一昨年と雨が続きましたので、3年ぶりの境内での宵まつりでした。
暗がりに浮かぶ灯りに沢山の人々で溢れる境内は活気づいており、お客様からもお喜びの声を多くいただきました。

翌28日には御神幸祭が行われ、厄年会の方が担いだ御神輿が朝9時~16時まで氏子地域を練り歩きながら途中10カ所の御旅所では小中学生による神楽(幣の手舞)、巫女舞(豊栄の舞)が奉納されました。
昨年は台風の影響で断念せざるを得なかったので、今年は無事に御神輿が出られて本当に良かったです。

夜18時には境内にて古澤巌さんのヴァイオリンコンサートがございました。
私は1番最後に演奏される「龍神伝説」が1番好きです。
天翔獅子とコラボされている曲で、天翔獅子のテーマに古澤さんのヴァイオリンが加わり、より一層素晴らしい曲になっております。何度聴いても楽しい気持ちになります。

今年は天候に恵まれ、天気の心配をせずにお祭りを迎える事ができました。
やはり外での「宵まつり」が1番だなぁと改めて実感致しました。
この2日間お世話になった皆様、お越しいただいた皆様、誠にありがとうございました。

さて、只今大御神社には沢山のお子様が七五三詣りにおいでになります。
1年を通してお受けしておりますが、11月中は下記のお時間内にお越しいただければ
ご予約は必要ありません。
お守り所にて受付を行っており、受付をされた順に合同でのお祓い(約10分)に
なりますのでご了承下さいませ。
下記のお時間以外ですとご予約が必要となりますので、お電話でのご予約を
お願い致します。

☆七五三タイム☆

11月10日(土)、11日(日)・・・10時~12時、13時~15時
   15日(木)・・・10時~12時
   17日(土)、18日(日)・・・10時~12時、13時~15時
   23日(金)、24日(土)、25日(日)・・・10~12時

℡0982-52-3406

巫女:M

2018年10月04日

七五三のご案内

10月に入り、今年もいよいよ残り3ヶ月となりました。

大御神社では9月23日に秋季霊祭が行われました。
沢山の神道家の方が参列し、神事が行われ、巫女舞が奉納されました。
今回は悠久の舞が奉納され、4人での舞は華やかで美しく、今月の
宵まつりでも皆様に見ていただけるのが今から楽しみでございます。
私たちも宵まつりに向けての準備を引き続き頑張りたいと思います


IMG_1312.JPG IMG_1259.JPG


ここで今年の七五三についてのお知らせです。
当社では七五三のお時間を設けており、下記のお時間内にお越しいただければ
ご予約は必要ありません。
お守り所にて受付を行っており、受付をされた順に合同でのお祓い(約10分)に
なりますのでご了承下さいませ。
下記のお時間以外ですとご予約が必要となりますので、お電話でのご予約を
お願い致します。


☆七五三タイム☆


11月  3日(土)・・・10時~12時
    4日(日)・・・10時~12時、13時~15時
   10日(土)、11日(日)・・・10時~12時、13時~15時
   15日(木)・・・10時~12時
   17日(土)、18日(日)・・・10時~12時、13時~15時
   23日(金)、24日(土)、25日(日)・・・10~12時


℡0982-52-3406


巫女:T


2018年09月14日

いにしえの舞台

1inisie2.jpg

皆様にお知らせがございます。
9月29日(土)18時より日向市文化交流センター(大ホール)にて『いにしえの舞台』がございます。
国内外で活躍されている方々のステージとなっておりまして、天翔獅子も出演致します。
ご興味のある方は是非お越し下さいませ。

料金:高校生以上1000円、小中学生500円
日時:2018年9月29日(土)18:00~20:00(開場17:00 開演18:00)
場所:日向市文化交流センター(大ホール)

いにしえの舞台プログラム※プログラムは変更になる場合がございます。
・全国心音道「あわのうた舞い」
・~HIMUKAの國~新お船出ものがたり
・舞の道「観音舞」
・小田矢かな「歌」
・青蓮&Aika「満開の星 さんざめく夢」
・髙野巧with天翔獅子(太鼓)

お申込み・お問合わせ先 :松木さん ℡ 090-8627-7935

チケット取扱先 :まめんち母さん ℡ 0982-55-0064、へべさん家(一政さん) ℡ 090-5742-6954

事前お振り込み先 :ゆうちょ銀行 ヒムカイズム代表者 鈴木睦代 記号:17370 番号:19582321

巫女:M

アーカイブ