« 春季霊祭が行われました。 | メイン

桜から新緑へ

今月はしとしとと肌寒い長雨が続いたかと思えば、お日様がじりじりと射すような汗ばむ陽気、そして翌日にはまるで台風の前のような突風が吹き荒れる日・・・と、めまぐるしくお天気が変わる日々が続いておりました。そのせいか、今年の桜は満開の時期がとても短かったように感じます。

大御神社の鳥居の前の桜も、数は少なめではありますが、毎年春には参拝にお越しになった方々を華やかに出迎えてくれる存在です。
連日の雨と風で今ではすっかり葉桜になりましたが、ほんのわずかな間綺麗な花を咲かせていました。


  

そして天気の移り変わりの合間に、神主と巫女で潮風で真っ白になった窓を拭き、散らばった落ち葉を拾い集め、境内の砂利を掃き清めました。連休前にすっきりと神社が綺麗になって気持ちよく参拝の方々をお迎えする事が出来そうです。
ゴールデンウィークに近付いて参りましたが、その頃には鮮やかな新緑が皆様をお迎えすると思います。連休中は行楽日和の穏やかなお天気になって頂きたいです

巫女:N

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp55149506.lolipop.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/271

コメントを投稿