« 令和4年 七五三詣りについて | メイン

環境を守るために

先日、過去にあまり例のない強さで台風14号が接近しましたが、皆さまのお住いの地域は大丈夫でしたでしょうか?
雨風も激しく、宮崎県では大雨特別警報が発令され、不安で眠れなかった方も多かったと思います。
幸い、神社は大きな損傷はありませんでした。
河川が氾濫して浸水したり、台風が過ぎ去っても停電が続いていたりと次々と明らかになる被害状況をニュースで見て、改めて台風の怖さを思い知らされました。
被害に遭われました皆さまには心よりお見舞い申し上げます。

台風が過ぎ去った後、職員全員で掃除を行ったのですが、神社周辺の海岸には大量の海洋ゴミと流木が流れ着いていました。

IMG_2912.JPG

IMG_2917.JPG

IMG_2923.JPG

IMG_2933.JPG

これは現在世界中で問題視されている地球温暖化にも繋がり、海のゴミが起こす影響は深刻な問題となっております。
ビニール袋やペットボトルなどのプラスチックごみ・・・
2050年にはプラスチックごみが魚の重量を上回ることが予想されており、今の暮らしからすると考えられないことですが、生物が海に住めなくなる恐れもあるそうです。
この海洋ゴミのほとんどが自分たちの暮らし、街から出るものなのです。
このようなことが猛暑や大雨に繋がっていて、気候変動に対しての対策を私たちは考えなければならないと思います。
例えば、マイバッグやマイボトルを持ち歩く、使い捨てのプラスチック容器の使用を控える。
ゴミは正しく分別して捨てる。
私たちが出来ることは沢山あると思います。
ひとり一人が意識をして、これからの暮らしのために地球温暖化対策をしていきましょう。


巫女:T

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://dp55149506.lolipop.jp/cgi/mt/mt-tb.cgi/342